ミニベロ

gios


ついに購入。(^_^)

約2年間の考慮期間を経て、今回入手となった次第。

この夏に古いランドナーをレストアして自転車趣味が復活したのだけど、40年という時間は自転車の世界を大きく変えており、ランドナーのパーツは入手が難しくなってきてる。細身のアメサイドのタイヤはもう無く、650Aのちょい太いのがパナレーサーにあるのだけど、クリアランスに難(フレームが少し歪んでる)があるし、スポークの錆も気になる。そんなこんなで新調へ。

いろいろと市場調査の結果、GIOSのアンティーコに決定したのであります。

アルミ、カーボンと新しい素材が出てきてるなか、昔ながらのクロモリ仕様のアンティーコ、スリムな美しさとホライゾンスタイルが嬉しい。さらにシフトも昔ながらのWレバーがシンプルな美しさを見せている。

レバーに組み込まれたものや、さらには電動シフトが主流になってるが、慣れ親しんだWレバーは別に苦にならないし、シンプルさが一番。車でもオートマよりはマニュアル(レガシイもMT)
が良いのであります。

ブリジストンのクエロと迷ったのだけど、同じ20インチの小径車でもクエロが406のタイヤなのに対してGIOSは451なので、巡航速度の維持がしやすいとこ。さらにGIOSブルーの美しさが一押しを。

イタリアの名門GIOSだが、今はOEMで台湾で製造されてる。イタリアと言えばヨーロッパの原点、ラテン人は、ギリシア文化とキリスト教を軸にローマ帝国を構築したが、帝国の崩壊後長期に渡る分裂時代を経て、19世紀のイタリアイレデンタが達成されると国家主導の工業化が促進された。自転車産業もその結果かと。

なぜかイタリアには縁があるのであります。学生時代に使ってたタイプライターがオリベッティのもの、卒論もイタリアがらみだったし、長きにわたって務めた職場もイタリア関係。別に意識したわけではないけど、ここに来てGIOS。(^_^)

水仙

suisen2018


スイセンの花芽が多く出てきた。毎年葉っぱが枯れるまで辛抱して栄養をため込んであげてるのが効をそうしてる。(^_^)

スイセンよりもちょいと早いネリネが開花しそうで、花がないこの時期を色どってくれてるのであります。

イエローウインがそろそろ枯れてきたので、来週あたりにはハサミを入れることに。こちらも球根に栄養が蓄積されるように、花が終わっても放置してるのです。

たぶん

niwa

今年最後となる草むしりを昨日。

一転して本日は風が強く、残ってる柿の葉と梨の葉が落ちてきた。

今年は紅葉が早く、近所の銀杏もここのところの強風でだいぶ葉がなくなった。我が家の紅葉と黄葉は残すところ木の芽とドウダンツツジ。

手帳

tetyo2018


早いものでもう来年の手帳が出てきた。

毎年定番のBE-PALの12月号の付録、今年は紫色。これを使い始めてもう随分となるが、使い勝手がすこぶる宜しい。(^_^)

その昔はシステム手帳で様々なことを管理してたけど、スマホを使うようになるとだんだんと遠ざかってしまったのであります。

しかしながら紙の手帳はちょっとしたメモをとるには便利で、手書きの手軽さは電子機器を上回るものが。

さらにこの付録の手帳は表紙がハード仕様でしっかりとしてるし、本誌¥780の付録で手に入る代物としては、コスパ最高なのであります。(^_^)

甘納豆

amanto

最近の定番がこれ「甘納豆」、真空パックされて小袋に入った代物。各種豆類が処理され、甘さもほどほどでウィスキーにとっても合うのでござります。(^_^)

秋の夜長と言うよりも、初冬に近づいてきてる昨今、これの二袋ぐらいで過ごす夜もおつなものでありまする。(^_^)

ios11.1

1

今日から11月、タイミングよく本日ios11.1が発表された。絵文字の追加とバグ修正だとか。

只今アップデート中。

南天

nanten2017

しばらく更新をサボっていた。(m_m)

我が家の敷地の北の角、北東の位置に南天が植わってる。植えたのではなく、いつの間にかに生えてきたものなのであります。リフォームの際に足場を建てる邪魔になるのでばっさりと切ったのだけど、完全に復活して3m近くに伸びた。

陰陽道、風水では、北東の方角は鬼門で柊や南天(難を転ずる)を植えるのだそうな。どちらも信じてはいないけど、スタッドレスタイヤ・農機具等の置き場となってる北側の目隠し、風よけには好都合なので助かってる次第。(^_^)

信ずることは大切だが、行き過ぎると問題も。

今日、10月31日はルターの宗教改革の500周年なのであります。1517年10月31日、「95カ条の論題」を張り出した日。これを機に信仰の違いを理由に、本来人を救うべき宗教が大量の人殺しを開始した。

違いを理由に事を有利に進めようとすることが、大昔からずっと行われてるのがやり切れない。

ちなみに、ルターの100年前、同じく神聖ローマ帝国内でフスの告発があるのだけど、この時は弾圧されて大事にはいたらないが、16世紀、貨幣経済が浸透し、強力な主権を確立しようとするハプスブルク家に対抗すべく諸勢力がルターを利用したのであります。ヨーロッパでは、近代の主権国家形成に向かって政治・経済・宗教が絡んで社会が大きく変化を始めた。

もう一つ忘れてならないのが情報伝達。ルターの時代は情報革命である印刷技術と、安価な紙の使用が本格化したこと。筆写でしか伝達できなかった時代から正確・大量に情報伝達が可能になったことは、一つの考えを広範囲に広げられるようになり、この変革を後押しした。

Windows 10 Fall Creators Update

fall

九州旅行から帰って1週間ちょい。あの暑さが嘘のようで、ここに来て一挙に涼しくなった。

そうなってくると毎朝の日課が復活なのであります。夏の間はお休みだった朝の珈琲、朝起きてゴリゴリと豆を挽いて煎れる珈琲が一日の始まりの位置づけに。

が、10月18日、本日はちょいと違って、一日の始まりがISOファイルの作成から。(^_^)

年二回のWindows10のアップデートの開始日なのであります。10月17日開始のふれ込みがあるのだけど、これはアメリカ時間で、日本では18日がその日。

自動でやるWindowsの更新からよりも、ISOファイルのDVDを作って手動でやる方が確実なので毎回これでやってる。

九州旅行その3

hita


九州旅行二日目、日田から黒川温泉へ。

日田往還として江戸時代に栄えた日田の町、日田醤油に展示してあったお雛様が圧巻。

kurokawaonsen

今宵の宿は黒川温泉、今回の旅でメインのお宿なのであります。食事もさることながら、温泉が最高なのでありました。

話変わって、全国を旅してると地域ごとに車の運転に違いがあるのに驚かされる。ローカルルールというのか、黄色は無視、歩行者がいても一時停止しない乱暴な所もあれば、歩行者がいれば車が先に行けても全ての車が必ず一時停止するのが徹底されてる所も。

九州旅行その2

九州上陸一日目。新門司から小倉、青の洞門へ。
aonodomon


新門司港に明け方到着、フェリーの中で2泊の船旅だったが快適なのでありました。去年就航した新しい船でキレイだし、余計なサービスがないのが一番。

tk2


シンプルフェリーの名が付くのがうなずける仕様で、食堂は無し、あるのは自動販売機だけ。

tk3

電子レンジがずらっとならんでおり、自販機の食品の種類ごとに専用のレンジでチンするのである。もちろん自分で設定出来るレンジもあるので、ちょっとした調理もできるのであります。

tk4

値段も良心的で、事前に買って行かなくても負担は少ない。調味料もわさび・しょうがはないけどちゃんとそろってる。

毎回、フェリーを利用するときは乗船前に近くのスーパーで食料を調達して乗るので、今回のフェリーは我が家には最適なのであります。太平洋フェリーなぞは、HPにカップ麺はご遠慮下さいなんて書いてあるが(湯沸かし室にはカップ麺のスープの捨て場所の指示があり、矛盾してるけど)、こちらは堂々とカップ麺を食することが出来るのである。<(`^´)>エッヘン

電波事情も静岡~名古屋あたりが陸地から離れるので入らないけどそれ以外はネット接続も可能。かなり細かくコンセントが設置されてるので、電気の確保も不便でない。

フェリーにありがちな二等大部屋の雑魚寝スタイルではなく、二等洋室が最低料金で、上下に分かれたベッドなので、二人だと他人を気にしなくてほぼ個室感覚で利用できる。

乗船して宴会・就寝。二日目は一日読書、夕方から二度目の宴会、寝て起きたら明け方新門司。時間はかかるが、高速を延々と運転することなく、ゆっくり出来るのがなによりなのであります。
プロフィール

papa

blogタイトル変更。
最近、時間の流れが気になってます。
blog始めて10年を過ぎ、その足跡の意味でlogbook(航海日誌)と。


最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

月別アーカイブ