タイヤ交換

air2


遅ればせながら冬タイヤから夏タイヤへの交換を。

周りを見てると自分で交換しないで店まかせにしている方が多い。楽するためにお金を使うのも良いが、どうせ使うなら楽する道具を購入して自分でやった方が安心できると思うのだけど。

小型の油圧ジャッキとインパクトレンチがあると、さほど力は必要ない。安心安全のためにはトルクレンチは必須。段取りよく準備をしておくと、1本約5分強で交換出来る。ゆっくりとやっても10分弱の時間で履き替えができるのであります。

半年寝てた夏タイヤ、空気圧が250kPa、エクストラロードのタイヤなので、適正圧は290kPa。40kPa補充するには40回ほどポンプを押さなければならない。自転車の空気入れでスコスコとやって適正圧に。

※手順
1:ホイールの裏にR・Lそれぞれ1・2とマジックで書いてあるタイヤを前後どちらに入れるかチェック  してそれぞれの位置に置いとく。

2:ジャッキを嚙まして、クロスレンチで少しナットを緩めてからリフトアップ。

3:インパクトドライバーでナットを外す。(1個3秒ほど)

4:側に置いといた交換タイヤを嵌め、手でナットをねじ込む。トルクレンチのソケットにナットを嚙ましてやるとスムーズ。クロスレンチをクルクル回して締め込むなんてのは邪道。ナットとボルトのはまり具合をたしかめながら優しくねじ込むのであります。


5:タイヤを揺すって、ガタがないのを確認してインパクトドライバーで締め込む。(これも1個3秒ほと)

6:ジャッキダウンしてトルクレンチで適正トルクで締め込んでおしまい。
 コードレスのインパクトドライバーのトルクは少し足らないので、きちんとしたトルクレンチが必須。
 
 よく見かけるのが、レンチを足で踏みつけて締めてる方がいるが、あれはNG、ボルトに負担を掛けるし、ナットの固着になりかねない。

車種 によって適正トルクは違うけど、100N・m前後が相場で、意外と緩い。

カスタマイズ

dual


変速機のシフトレバーをデュアルレバーに変更した。

8速なのでクラリスになるのだが、昨年モデルからシフトワイヤーが内蔵式に変更されてハンドル回りがスッキリとできるし、シフトの安定感を求めた次第なのであります。

新しいクラリスのST-R-2000、噂によると一つ上のグレードの9速ソラのものと同じらしい。

GIOSアンティーコは昔ながらのWレバーで、オーソドックスなスタイルが良いのだが、変速のためにハンドルから手が離れるとミニベロがゆえにちょっと不安定になるのが気になり、思い切って交換することにしたのであります。

ランドナー時代は全然気にもしなかった片手運転は、ミニベロには禁止。

smca70


フロントディレイラーにはケーブルアジャスターが付いてないので、シフトケーブルの途中に付けるアジャスターを入れた。一応ネジの部分にはグリスを塗り塗り。

claris2


試乗してみると、ハンドルから手を離さないでカチカチと変速できるのは良いものですな。安定感がすこぶる宜しい。

約半年経った時点でかなりの部分にカスタマイズが入ってしまった(>_<)。

最初はバーテープとサドル。アンティーコのオリジナルは両方ともホワイトなのだが、GIOSブルーにホワイトはかなりハデ、目立つのは良い面と悪い所もある。安全面は目立つことで良いが、防犯面には難が。

早々にランドナーのレストアに使ったブラウンのサドルに替え、バーテープもブラウンに。

お次はフリーの交換、12T-25Tの歯数はちょいとナローなので、11T-28Tに交換。11速だとスムーズな変速が出来るが、そうなると105シリーズ以上のコンポになるので効果よりも費用に難が。(^_^;

で、今回のシフトの交換。この後、タイヤの交換が待ってる。だんだんと ※※※沼に入って行きそう(^_^;

変換バルブ

balb


ミニバイクのバルブは、ホイールとのクリアランスが狭いのでポンプをセットするのにかなり手間取る。

以前から知ってはいたのだけど、L型のバイクの空気入れアダプター、ヘルメット購入と抱き合わせてポチったのであります。

これを付けると空気入れも楽ちん(^_^)、但し、脱着の際に少し空気が漏れるのでその分を換算して入れなければならない。

ま、いつも多めに入れてからチェックしながら空気圧整えているので、外してからやれば問題なしなのであります。

話かわるが、自転車の空気入れで車のタイヤの空気を入れられることを知らない人が多い。口金は米式でなければいけないけど。

ヘルメット

helmet


購入。

バイクに乗るときはヘルメットは必須なのだが、自転車は過去被ったことは無かった。

ミニベロに乗るようになってから、その取り回し易さが故に不安定さもあるので、ここにきて購入した次第。

ミニベロ、スピードは、ロードほどのスピード維持は大変だけど、そこそこにスピードは出るし、なにより「転ばぬ先の杖」で安全を優先したのであります。(^_^)

チョイハデだけど、視認性も考慮して車体色と同じにしてみた、ゴーグルバイザーが付いてるので、眼にあたる風が軽減され、眼の疲労が軽減されるのが◎。

スズラン

suzuran2018


ちょいと更新サボってた。(^_^;

東海道の旅から帰ってきた後、足を痛めて行動がままならなく、indoor生活が続いてた。お花見にも行けず(T_T)

良い季節になったので自転車であちこちと思ってたのがお預けになった次第。

その間にも春の花はどんどんと開花し、今年もスズランが開花したのであります。ここ数年葉っぱだけで花を付けなかったのが、やっと昨年から復活、開花し始めた。(^_^)

土筆

tukusi


今年は例年より少し遅いような気がする。他の物は押し並べて早かったけど、こいつはそうじゃなかった。

袴取りが大変なので、手出しはしないのであります。袴取りで手先が真っ黒になって、数日は汚れが落ちないのが難。

首都高

road


春めいてきたのでチョイと旅してきた。「東海道の旅」3月19日~24日

3月18日、首都高熊野町JCTと板橋JCTの4車線化の工事が終わった直後で期待してたのだけど、残念ながら周知徹底がなされてなく、相変わらずスムーズな車線変更がなされてなかった。

3車線から4車線に変わったことで、2車線をまたがなくてもよくなり、渋滞、事故の減少が期待されるのだけど、相変わらず2車線をまたいで進路変更する車が見受けられ、スムーズな進路変更とはなってなかったのであります。ま、時間が経てば走り易くなると思うけどね。

白地図

daff2018


一気に春めいて、花が咲き始めた。連翹、ダッフォディル等、黄色い花は元気をくれるのであります。

水温む時季になるとお出かけをしたくなる。

タイミング良く、ゼンリンが今月いっぱいだが、「道の駅 旅案内全国白地図」のダウンロードサービスをやってる。

ゼンリンストアの会員登録(無料)をしなければ行けないが、全国を8つのブロックに分けて、各4枚で構成されてる。A4、4枚を貼り合わせて出来る白地図は、書き込みふくめて使える地図。

電子地図も良いけど、眺めるだけでなく書き込みもできる紙の地図は利用価値大なのであります。

PDFのファイルにしておけば、何時でも利用出来るのがこれまた嬉しいのであります。(^_^)

寒緋桜

sakura2018b


寒緋桜が満開になった。

sakura2018


染井吉野より2~3週間早く咲き、色も濃いので遠くから見ても綺麗であります。

サコッシュ

sakoshu


ツール・ド・フランスで補給用に使われたのがその起源。ちょとした物を入れるのに便利な仕様で、一昨年あたりからブレイクして、いろいろなものが販売されてる。ブランド名によって「おい!」と言いたくなる値段のものもある。(^_^;

似たものに「ずだ袋」がある。名前がなんとなくだらしなく感じるが、「ずだ」とは「頭陀」のことで、サンスクリット語のドゥータからきたらしく、払い落とすの意味で仏教の托鉢僧が行脚にあたって使用した、長い歴史を持ったものなのであります。

その後、三途の川を渡るにあたって、白い布袋に六文銭を入れたものをかけて送り出すのに使われたため、イメージ的に「ずだ袋」はマイナー感が付きまとう。

がしかし、これは便利なものなのであります。自転車だけでなく、夏場のポケットが少なくなる季節には、ちょっとしたものを携行するに最適なもの。

で、自分仕様のサイズのものを使うにはハンドメイドが一番なので、家にあった布で作製した次第。余りのパラコードも使って。

家にあるもので作製したので、今回の作製にあたって拠出した資金はゼロ。(^_^)
プロフィール

papa

blogタイトル変更。
最近、時間の流れが気になってます。
blog始めて10年を過ぎ、その足跡の意味でlogbook(航海日誌)と。


最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

月別アーカイブ